• ホーム
  • ベセルナクリームには尖圭コンジローマを治療する効果がある

ベセルナクリームには尖圭コンジローマを治療する効果がある

2020年03月28日
悩んでいる男性

ベセルナクリームは尖圭コンジローマを治療する効果がある医薬品であり、これを塗布することで病気の原因であるヒトパピローマウイルスを退治することができます。尖圭コンジローマを発症すると、性器や肛門周辺に特徴的なイボが生じますが、このイボをなくすためにはいくつかの治療法から最適な方法を選択しなければなりません。イボの量が多かったり範囲が広かったりする場合は、電気メスによる切除やレーザーによる焼却、液体窒素による凍結などを行わなければならないことがあります。ですが、それほどひどい症状に発展していないのであれば、ベセルナクリームのような軟膏を塗布することで解決することができるでしょう。

尖圭コンジローマに効果のあるベセルナクリームはイミキモドという成分が主成分として含まれており、白色の軟膏薬です。使用方法は患部に塗るだけであり、1日に1回塗ることを週3回続けることが推奨されています。1日おきに塗布するように推奨されていることが多いので、早く治したいからと塗りすぎることがないようにしてください。ベセルナクリームを塗布すると、尖圭コンジローマの原因であるヒトパピローマウイルスの増殖が抑制されます。それだけではなく、ウイルスに感染した細胞を治癒する効果も発揮してくれるので軽度のイボであればクリームで消失させることが可能です。

ベセルナクリームは尖圭コンジローマに対して優れた治療効果を発揮してくれるものですが、使用上の注意もいくつかあります。クリームを塗布するときはイボだけに塗布するのではなく、患部に広めに塗ることが大切です。目に見えない部分にもヒトパピローマウイルスが潜伏している可能性が赤いので、治療薬は広い範囲にしっかりと塗布するようにしてください。ベセルナクリームの入ったチューブを触るときは清潔な手で触るということも大切であり、患部を触った手で触るとウイルスがチューブに付着してしまう可能性があります。治療薬を用いる際は、手や患部を清潔にしてから行うということを忘れないようにしてください。

尖圭コンジローマはひどくなると電気メスなどで切除しなければなりませんが、早い段階や軽度のイボであればベセルナクリームで治療することができます。早期発見から早期治療を行うことでベセルナクリームによる治療が可能となるので、尖圭コンジローマの疑いがあるときは早めに治療を開始することができるようにしてください。