• ホーム
  • 性器ヘルペスという性病には抗ウイルス薬のバルトレックスが効果的

性器ヘルペスという性病には抗ウイルス薬のバルトレックスが効果的

2020年02月25日
薬を飲む男性

性器ヘルペスは有名な性病ですが、この病気を治したいのであればバルトレックスを服用することをおすすめします。バルトレックスは病院で性器ヘルペスの患者さんに処方されることも多く、とても高い効果を期待することができる治療薬の1つです。バルトレックスを使用して性器ヘルペスの症状を改善するのであれば、事前にどのような効果が得られるのかということや、用法用量などを確認しておくようにしてください。

バルトレックスはバラシクロビル塩酸塩を主成分とする抗ウイルス薬であり、ウイルス性の病気である性器ヘルペスに対して高い治療効果を発揮します。性器ヘルペスを発症している場合は、1日2回主成分が1回あたりに500mg摂取できるように服用してください。子供が性器ヘルペスになってしまった場合もバルトレックスを服用することができますが、体重に応じて服用量が変わることに注意しておかなければなりません。体重が40kg未満の場合は服用量が異なるので、医師の指示に従うようにしてください。

性器ヘルペスを発症しているときにバルトレックスを服用すると、病気の原因であるヘルペスウイルスのDNA鎖の伸長を停止させることができるので、結果としてウイルスがDNA複製を行うことを阻止することができます。DNA複製を阻止されるとウイルスは活発に活動できないので、活動できなくなったウイルスは神経節などに潜伏して身体にあらわれていた諸症状も改善されていきます。ただし、性器ヘルペスはどのような治療薬を服用しても完全に原因ウイルスを排除することができない病気なので、再発してしまったときにはなるべく早めにバルトレックスを服用するようにしてください。

厄介なことに性器ヘルペスは何度も症状を繰り返してしまうことが多い病気です。1度感染してしまったのであれば再発に備えてバルトレックスを常備しておくことをおすすめします。性器のむずがゆさなど再発の兆候が見られたときに早いうちに服用しておくことで、症状がひどくなる前に治療を終わらせることができる場合もあります。バルトレックスは非常に効果が高いヘルペス治療薬だと言えますが、ヘルペス自体が再発しやすい性病なので、いざというときにはすぐに服用できるようにしておきましょう。病院で処方してもらうこともできますが、個人輸入通販サイトを利用して買うこともできるので、どちらか便利な方法で手に入れておくと良いでしょう。